PSU→PSO2ブログ 茨の道も一歩から 

のんびり・まったりFoCastの日記 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

記憶を揺さぶるTiming

おやすみラフマニノフ (宝島社文庫)おやすみラフマニノフ (宝島社文庫)
(2011/09/06)
中山 七里

商品詳細を見る


『さよならドビュッシー』に続く中山七里のクラシック&ミステリー。
演奏者としての未来をかけて臨もうとしていた音大の演奏会。
そんな中、チェロの名器ストラディバリウスが密室から消えてしまい・・・・。

う~ん。
内容は面白かったのです。
演奏シーンの描写も『のだめ』の免疫があるのですんなりと読めました。
問題は読んだタイミングです。
つまりコッチ側の問題。
しかも、2作連続で;

『さよならドビュッシー』は火事で大火傷を負った少女が障害を抱えたままコンクールを目指す話。
それを読んだのが火傷で入院して戻ってきた直後だったのです。
目の前に火が迫ってくる光景がハッキリ思い出せる状態で。
それはそれでヘビーな感じですよねぇ。

この本は妹が置いていったものだったのですが、
自分は読むストックが貯まっていたらしく、
中身を読まないまま渡したそうです。
あとで読んでむっちゃ謝られましたw

そして、『おやすみラフマニノフ』
今回は心穏やかに読めるはずだったのですが、
中盤に出てきたのは集中豪雨シーン。
舞台になっているのは名古屋でなので、
避難所での会話では東海豪雨の話も出てました。
これまた1ヶ月前に大雨で水位が堤防を超えかけているのを見たばかり。
あの光景もしっかりと記憶に残ってました。

不思議な巡りあわせのタイミングの2冊でした。

テーマ:読書 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2011/10/30(日) 00:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<踏まれて食われた | ホーム | 光の翼>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://psugen3.blog118.fc2.com/tb.php/1364-7c33827d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

グラール標準時間

プロフィール

Gen

Author:Gen

愛知県のドラゴンズファン。
好きな作家は森博嗣。
好きな音楽はPUFFY。
好きな車はMINI Cooper。
メインキャラは


『茨の道の人 Rydie』

ペドペンナ

21~23時、Ship09Block35にて活動中です。

茨の道を覗いてみた人々

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。