PSU→PSO2ブログ 茨の道も一歩から 

のんびり・まったりFoCastの日記 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

明察なり


天地明察(上) (角川文庫)天地明察(上) (角川文庫)
(2012/05/18)
冲方 丁

商品詳細を見る


めちゃくちゃ面白かった!以上!

で、終わらせたいくらいw


徳川四代将軍家綱の治世、ある「プロジェクト」が立ちあがる。
即ち、日本独自の暦を作り上げること。
当時使われていた暦・宣明暦は正確さを失い、ずれが生じ始めていた。
改暦の実行者として選ばれたのは渋川春海。
碁打ちの名門に生まれた春海は己の境遇に飽き、算術に生き甲斐を見出していた。
彼と「天」との壮絶な勝負が今、幕開く―。
日本文化を変えた大計画をみずみずしくも重厚に描いた傑作時代小説。第7回本屋大賞受賞作。



まず出てくるキーワードに引っ掛かりが多かった。
算術・算額奉納・関孝和は宮部みゆきの『霊験お初』、川端裕人『算数宇宙の冒険』で読みかじったワード。
碁打ちとして相対するのは本因坊道策で、『ヒカルの碁』で最強棋士として名の上がる本因坊秀策と並ぶ天才棋士。
さらに名君と名高い保科正之、水戸光圀
浅い知識でもどんどん釣られてしまったw

そして、現実時間にもうまく合わせられた感じもあります。
金環日食に合わせて文庫版の発売。
安井算哲(渋川春海)の囲碁の殿堂入り。
読んでるタイミングに・・・・ヤラレタw


当たり前にあるカレンダー(暦)。
これが膨大な過去のデータと、
複雑な計算による未来予測で作られていたと改めて思い知らされました。
失敗を繰り返す若い時代と、
終着まで読みきったようなクライマックスの暦勝負の場面の対比も、
読んでいて気持ちがいいものでした。


もう一度書こう。

めちゃくちゃ面白かった!以上!

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/07/09(月) 00:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<ステルス化 | ホーム | レスタ置いておきます>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://psugen3.blog118.fc2.com/tb.php/1597-f7bade3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

グラール標準時間

プロフィール

Gen

Author:Gen

愛知県のドラゴンズファン。
好きな作家は森博嗣。
好きな音楽はPUFFY。
好きな車はMINI Cooper。
メインキャラは


『茨の道の人 Rydie』

ペドペンナ

21~23時、Ship09Block35にて活動中です。

茨の道を覗いてみた人々

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。